現金だけじゃない?プライベートジムの便利な支払い方法の数々

ジム 支払い方法

プライベートジムを探す時には色々な条件が気になりますが、その中でも利用料金とその支払い方法は一番に気になるところではないでしょうか。安価な料金で利用できるプライベートジムも増えてきたとはいえ、やはり10万円単位の費用が必要なこともあって、その支払い方法についても気になるところです。そこで、プライベートジムの料金の支払い方法について、選び方と共に解説していきます。

なぜ、プライベートジムでは色んな支払い方法があるのか?

現金支払いや銀行振り込み、クレジットカード決済、ショピングローンなど支払い方法は数多くあります。また、支払い方法が多様にあれば多くの方に利用してもらう機会が増えます。プライベートジムでも多くの方が便利に利用できるように、各種様々な支払い方法があります。ただし、この支払い方法に関しては各社プライベートジムによって大きく異なってきます。

ジム側の事情などもあって、あるジムではクレジットカード決済のみ、別のジムだと銀行振り込みか現金のみなど、といった風に全ての支払い方法で対応しているのは稀なのが現状です。プライベートジムの利用料金は安くても数万円単位の費用がかかるので、支払い方法も事前に確認しておく大事なポイントです。では、具体的にプライベートジムではどんな支払い方法があるのか説明します。

プライベートジムでの主な料金の支払い方法

支払い方法というのはそれぞれのジムで違います。大手だから当然クレジットカードは使えるだろう?といった先入観でカウンセリングに行くと思わぬ肩透かしを食らいかねません。また、一括払いが難しいのであれば、分割払いもできるのか?など気になることも多いです。料金に関することはデリケートな一面もありますが、大事なことなのでぜひ確認しておきましょう。

支払い方法 扱っている主なジム
現金 esthree、@style、chacharito、CREBIQ、LyuBovi、BOSTY、MMM、PersonalBodyLab、XSLIM
クレジットカード esthree、chacharito、FORZA、CREBIQ、TIGHTONE、Shapes、BOSTY、XSLIM、24/7workout、MMM、PersonalBodyLab
銀行振り込み esthree、Runway、@style、chacharito、FORZA、CREBIQ、RITASTYLE、LyuBovi、TIGHTONE、Shapes、24/7workout、RIZAP
ショッピングローン esthree、RITASTYLE、PersonalBodyLab
分割(現金・クレジットリボ払いなど) esthree、Runway、FORZA、CREBIQ、LyuBovi、TIGHTONE、Shapes、BOSTY、RIZAP、PersonalBodyLab

上記の表が、主なプライベートジムの料金支払い方法についての詳細です。ご覧のようにショッピングローンでの支払いは少ないのが分かると思います。最も一般的な支払い方法となる現金での支払いですが、利用料金が高額になることもあって、防犯上の理由からか、対応していないジムも多いです。現金支払いを受け付けていないジムは、代わりに銀行振り込みなどがメインになります。

クレジットカード決済も多くのジムが対応しています。しかし、意外にもライザップはクレジットカードでの決済には対応していません。ライザップでは銀行振り込みとデビットカード決済、そして分割払いのみです。このように大手ジムでも対応できる支払い方法は違いますので注意が必要です。次に支払い方法に関してどんなことに気をつけるべきか?について解説します。

分割払いは支払い方法(現金・ローンなど)や分割可能回数などを確認する

プライベートジムの利用料金は公式HPなどに入会金とコースごとの料金などを明記していたりします。ただし、分割払いになる場合はそれが現金分割かショッピングローンによるものか?などによって利用手数料などが変わってきたりします。分割回数が増えれば当然手数料も増えるので、安価に利用するつもりが分割にしたせいで割高になることもあります。

コース料金以外の利用料金(ジム販売の物品、食品など)は現金のみなど支払い方法が違ったりする

プライベートジムでは、ジムオリジナルの健康食品やプロテインなどを販売していたりします。それらの商品の代金は当然コース料金に含まれいないので、支払い方法も現金など別途掛かってきます。コースメニューの利用料金以外でも、こういったオプション商品に興味のある方は事前に確認しておきましょう。

入会時に署名する契約書や申し込み書をよく確認した上で料金を支払う

当たり前のことではありますが、プライベートジムでは契約書や申し込み書に署名後に料金を支払った時点で正式に入会になります。書面にはジムごとに利用規約や、利用料金の支払い方法なども含めて記されているはずです。勘違いなどによるトラブルの元にならないように、契約書などを確認し納得した上で署名、支払いをするようにしましょう。

プライベートジムの支払い方法は必ず確認しておきましょう

プライベートジムは安価なジムでも数万円単位で費用がかかるため、なかなか安易には利用しづらい面もあります。また、利用する立場としても現金支払いは厳しいから、なるべくクレジットカードで払いたいなどの事情もあるでしょう。また、希望するジムが現金支払いしか対応していないことが分かって、泣く泣く諦めたといったこともありえます。

料金に関することはなかなか聞きづらい面でもありますが、公式HPを確認したり、お問い合わせから質問するなりで確認しておけばカウンセリングに行く無駄も省けます。トレーニングプログラムの内容やトレーナーなどと違って、利用料金は融通の利き難いことですので事前の情報収集は大事です。

また、利用料金などお金に関係することはトラブルの一因にもなりやすいものです。利用時には支払い方法、料金と共に申し込み書や契約書などはしっかりと確認し納得した上で署名することをお薦めします。プライベートジムを選ぶ時は、ぜひ上記の内容にも気をつけながら選んでいただければ幸いです。